海外とやり取りする仕事|あらた監査法人なら未経験でも採用してもらえる

あらた監査法人なら未経験でも採用してもらえる

海外とやり取りする仕事

婦人

専門スキルがあると人気

海外からの商材を取り扱う企業においては、取引などの場面で英語を使う機会が多くなります。特に商材の輸出入を行っている貿易系の企業では、英語を始めとする外国語に精通していなければなりません。これは取引のほとんどが英語でやり取りされるためで、誤った解釈をしてしまうと損失にもつながりかねないからです。こうした貿易の職場で働くには、英語関連の資格の中でもハイレベルなものを取得しておくと高く評価されます。加えて貿易の業務では、ビジネスで使われる英語を習得しておくのが望ましいとされています。貿易関連の専門用語も多く使われるため、それらについても一通り学習しておくと採用される確率を上げることができます。貿易に特化した検定試験もあるので、そちらも活用すると効率よくスキルアップできます。

スキルを必要とする仕事

一般的な企業で使われる英語とは違って、貿易に従事する企業では特殊なものが使われるのが特徴です。これらは決まり文句となっているものが多いため、就職前に勉強しておくことで対応できます。電話でも英語を使いこなすことが求められます。こちらはビジネススキルがあればそれを英訳するだけで対応できます。貿易関連の企業における仕事の多くは、取引先とのメールや電話によるやり取りがメインになります。事務作業と言えるものがほとんどですが、英語が加わってくるとややこしい面もあるため注意が必要です。さらに特徴として、報酬が高めに設定されていることもあげられます。これは貿易に関する専門的な知識が要求されているのが理由で、英語力も必要になることから適切な人材の確保が難しいためです。大変な仕事ですが、報酬を考えるとやりがいがあるといえるでしょう。