あらた監査法人なら未経験でも採用してもらえる

無資格でも雇う監査法人

電卓を操作する人

会計士を目指す人を支援

色々な国家資格がありますが、最も難しいのが司法試験と公認会計士の試験です。司法試験の場合は弁護士や検事や判事などを目指しますが、公認会計士の場合は色々な業界で働くことができます。特に多いのが監査法人です。企業の収支決算書などをチェックする重要な仕事です。監査法人に採用される人のほとんどは公認会計士の資格を持っている人です。業務内容が資格を必要するからです。ただし将来的に公認会計士を目指す人にとって、監査法人で働くことは非常にメリットがあります。これから会計士を目指す人を迎え入れてくれるのが「あらた監査法人」です。定期採用と併行して新卒採用を行っています。この採用枠は新人を育成しようという「あらた監査法人」の経営姿勢の表れです。公認会計士を目指す学生にとって「あらた監査法人」は自分を磨く1つのチャンスです。

転職者のキャリアを評価

「あらた監査法人」をはじめとして一般的に監査法人は給料が高くなっています。公認会計士の資格を持っていて他の業種で働いている人が監査法人に転職するケースはよくあります。監査法人に採用される時、前職やこれまでの職務経歴が実績として評価されることはないのです。それは給料が高いからです。「あらた監査法人」ではキャリア採用の門戸も開いています。他の監査法人とは違って、転職者がこれまでに培ってきた仕事のノウハウや知識を尊重してくれます。そうすることによって監査法人の業務の幅を広げることができるからです。このように大学新卒者にとっても、すでに社会で経験を積んでいるキャリアにとっても、仕事に意欲的な人を積極的に採用するのが「あらた監査法人」です。

海外とやり取りする仕事

婦人

商材の輸出入を請け負う貿易関連の企業では、高い英語力を備えている人材が求められます。多くの専門用語を習得し、取引先とのやり取りにおいて確実に使いこなす必要があります。報酬は高く転職先としては魅力的ですが、普段からのスキルアップも重要です。

もっと見る

積極的に人材を雇用する

レディ

まだまだ働きたいものの求人が少ないシニア世代も、ドンキでは短時間品出しスタッフなどとして積極的に雇っています。ハンデキャップがある人の雇用も同様なので、仕事のことで悩んでいる人は諦めなくてもいいのです。

もっと見る

一時的に働ける

オペレーター

コールセンターの派遣は人気があります。時給が高めのところが多いからです。また、週何日、一日数時間といった働き方が主流となっているので、他の仕事を掛け持ちもできやすくなっています。正社員並みの月収を得ることも可能です。

もっと見る